食事の時の水の摂り方

食事中もお茶やアルコールなどを摂取する人は大勢います。
勿論それ自体が悪いという事ではありません。
ただ、飲みすぎには十分注意する必要があります。
飲んだとしてもコップ1杯程度までに押さえておきましょう。

この時のポイントは2つあります。
一つは温度です。
どうしても冷たい水を飲みたくなってしまうかもしれませんが、急激に体を冷やす事はあまり良くありません。
なるべくならば常温にしましょう。
その方が胃腸に対しての負担を掛けに九九なります。

もう一つは量です。
大量に飲みたくなってしまうかもしれませんが、沢山飲めば飲む程胃液を薄めてしまいます。
胃液が薄まってしまうと、結果的に食べたものをしっかりと消化できないまま小腸へ運んでしまう事になるので注意しましょう。
消化不良の状態が続くと、なかなか痩せにくい体へと変化して言ってしまう為、ダイエットを意識している人は特に気を付ける必要があります。

食事中の水の摂取自体が絶対にダメと言う訳ではありません。
もし飲む場合は、一気に沢山飲むのではなく一口ずつ飲むようにしましょう。
食事中にコップ1杯の水を飲み干すような感じで飲むと、飲みすぎを防ぐ事ができます。
さらに摂取した水分が満腹感を与えてくれる為、食べ過ぎを防止にもつながります。

Filed under: 未分類 — water 10:32 AM