食事の塩分量には注意が必要!

塩分の多い食事を続けていると食べ過ぎて肥満を呼ぶだけではなく、血圧が上昇してしまい高血圧などになってしまうほか、腎臓やすい臓などの内臓に負担をかけてニキビなどの原因となってしまうこともあり、塩分に含まれるナトリウムが体で水分バランスを整えようとして細胞の水分を奪ってしまいむくみやシワなどを作ってしまう可能性もあるのです。
このように美容にも健康にも良くないため、過剰に摂取し過ぎてしまうことには注意が必要となります。
摂取し過ぎたと感じたら、体内の水分と塩分を結合させて尿として体外に排出してくれるカリウムを摂取するのがおすすめです。カリウムはりんごやバナナ、アーモンド、アボカドなどに多く含まれており食事に上手に取り入れて行くことが重要となります。
また、普段から減塩して行くことも大切で、麺類の汁は飲まない、みそ汁は具をたくさんにする、加工食品やインスタント食品はできるだけ控えめにする、魚は干物や塩漬けのものではなく刺身や素焼きのものを食べる、塩ではなく酢や薬味などを多めに摂取するなどのポイントを行っていくことができます。
カリウムを多く摂り、減塩効果のある食事をしていくことは高血圧の予防改善に効果的だとされています。

Filed under: 未分類 — water 4:06 PM