起きた時と寝る前にコップに一杯の水分量

健康を維持するために大切なのが、水の摂取です。
起きているときは喉が渇いたら簡単に飲むことができますが、寝ているときは体が欲しても、どうすることもできません。
もし睡眠中に水分が不足している状態になると、脱水症状や脳梗塞などの大きな病気を引き起こす可能性もあるのです。
これは、寝ている間は無意識のうちに、だいたいコップ一杯分の汗を出しているのが関係しています。
寒い冬でも例外ではありませんから、蒸し暑い夏などは二杯分の水分が体から出ていくこともあるわけです。

そこで重要になってくる水分摂取ですが、最適なのは起きた時と寝る前にコップ一杯の水を飲むようにすることです。
寝る前のはもちろん、睡眠中に水分が失われるのに対し補給する意味がありますし、起きた時の水分摂取は水分不足を解消する目的があります。
また、朝飲む水によって、水分が足りなくてドロドロになっている血液の流れを促すことや、休んでいる体を目覚めさせることもできます。
そんな健康に欠かせない水のベストな量は、一回200mlくらいです。
無理なく飲める程度の量ですし、誰でもこれくらいの水分が睡眠中に出ていくと言われているからです。
夏などは冷たくして飲みたくなりそうですが、体を冷やしトイレが近くなることもありますので、常温で摂取するようにします。

Filed under: 未分類 — water 4:08 PM