飲み過ぎると本当に太りやすいの?

食事中の水分摂取が多い場合には太りやすいということはないのですが、一時的に胃が膨らんだ状態になってウエスト部分が太くなるので、太ったのと勘違いすることがあります。血糖値が上昇するとインスリンが分泌されるので通常の場合は正常な値になるのですが、糖尿病などにかかっている場合にはインスリンによる血糖値の調節ができないので、水分を大量に摂取して血糖値を下げようとします。脂肪の吸収に関しては食物繊維と一緒に食べることで吸収を抑えることができるので、なるべく繊維質を多く含んでいる野菜などと食べることが理想的です。水分を大量に飲むことで太ったようにみえる場合にはむくみが原因である可能性もあるので、症状が改善しない場合には血液検査などをする必要があります。水はカロリーがないので太ることはないのですが、とり過ぎてしまうと腎臓の負担が大きくなり、腎臓病などの病気にかかることがあります。腎臓の働きには限界があるので、過剰な摂取を続けていると腎臓の働きが弱ってしまい、様々な病気やむくみなどの症状が出ることがあります。適度に摂取をすることを心がけて、食事の中で上手に摂取をすると健康的な状態を保つことができます。

Filed under: 未分類 — water 4:05 PM