水の適温は冷たすぎない方が良い?

人間の体にとって、水は必要不可欠なものです。
喉が渇いている時に飲む冷たい水はとても美味しいのですが、あまり冷たい水を飲むのは体に良いことではありません。
なぜなら冷たいものは体を冷やしますし、血管を収縮させてしまうからです。
水を飲むのであれば、温度は常温がおすすめです。常温で飲むことで、体内に取り入れた時に人間の体と同等の温度のものとして吸収されるので、体に悪影響を及ぼすことがありません。
よく氷を入れて一気に飲む人もいますが、これは実はとても危険な行為なのです。血管を傷つけることに繋がります。
暑い夏や運動をした後には、ついこのような行動をとってしまいがちですが、最低限に控えましょう。
また、水を人肌程度に温めた白湯もオススメです。
白湯は体を温めて血行を良くしてくれるだけでなく、体内に溜まった汚れも落としてくれる効果があります。
白湯を飲むとその味を不味く感じる人がいますが、その人は体内が汚れていると言われています。
継続して飲むことで、体内の環境を良くしましょう。毎朝起きて一杯、ゆっくりと飲むことが効果的です。
以上のことから、水は冷たいものよりは常温、常温よりはぬるま湯で飲むのが良いと言えます。

Filed under: 未分類 — water 4:07 PM